屋上緑化をすることで得られるメリットとは?


ヒートアイランド現象の抑止効果が期待できる

屋上緑化は、高層のオフィスビルを中心に普及が進んでおり、将来にわたり都市部で深刻化しているヒートアイランド現象の抑止効果が期待されています。特に、屋上に植える植物の種類や本数、スプリンクラー設備などにこだわることで、さらに効果を高めることができるため、慎重に費用や工事の方法を検討をすることが重要となります。最近では、法人向けに屋上緑化の一通りの工事を請け負っている専門の工務店の数も増えており、早いうちから店舗ごとの施工実績や工事期間などを把握しておくことがおすすめです。なお、自治体によっては屋上緑化を推進している企業に対して様々な形でサポートが行われていることもあるため、事前に役所の担当課に相談をすることも重要となります。

会社のイメージをアップさせることができる

屋上緑化は、環境問題が社会的に重要なテーマとなる中で、画期的な取り組みの一つとして注目が集まっています。例えば、都市部に多くのオフィスを構える大企業では、屋上緑化に力を入れることで、会社のイメージアップに繋げようとしているところも少なくありません。また、近い将来に環境保護に関する事業を展開するうえで屋上緑化の取り組みが役立つこともあります。そこで、本格的に屋上緑化に着手するにあたり、様々な企業の事例を参考にしながら、段階的に計画を立てることが大切です。その他、屋上緑化を継続して行うには莫大な維持費が発生することもあるため、良心的な料金システムが採用されている専門業者と契約を結ぶことが重要となります。

屋上緑化を実施すれば、建物自体の温度を下げるのに貢献するだけでなく、地域全体の気温低下にも貢献することができます。