機械式時計の手入れ方法とは?時計を守る方法まとめ


精密機械である時計の敵とは

機械式時計は精密機械なので、磁気を発生させる機械の近くに放置することはおすすめできません。特に現代人なら誰もが持っているスマートフォンは、典型的な機械式時計の敵と言えるでしょう。いきなり針が狂い始めることはありませんが、磁気が与えた影響は徐々にズレを生じさせ、機械式時計の手入れを大変にしてしまうのです。また、サウナなど温度の高い空間には機械式時計を持っていかないように注意しましょう。日本の気温差くらいなら問題ありませんが、サウナのように高温多湿な空間は機械式時計と相性がよくありません。同様に、入浴時は腕時計を外したほうが賢明です。

ベルトは定期的にメンテナンスをする

本体よりも、ベルト部分の方がメンテナンスが必要な頻度は高くなるでしょう。知らぬ間に皮脂が付着したり、擦り傷ができていることも珍しくありません。特に革ベルトは傷みやすく、同じベルトを毎日着用しているとダメージも蓄積していきます。いくつか替えを常備させておき、定期的に交換してベルトを休み休み使用することが大切です。

修理が必要になったら

大切に扱っていても、いつかは壊れてしまう可能性は常にあります。もしも修理が必要になったら、メーカーに修理を依頼するか職人へ修理を依頼するかの二択となります。メーカーに修理して貰う方法は多少高額ですが、確実性のある方法なので予算に余裕があれば検討してみましょう。後者の場合ネットから修理を受け付けている業者も多数存在しますが、その場合口コミなどをしっかり調べて腕前を入念にチェックしましょう。

グランドセイコーは、秀逸なデザインや繊細なパーツが採用されているモデルが多く、中でも黒やシルバーを基調としたビジネス向けのアイテムは多くの社会人に人気があります。