よーく見て!子猫をブリーダーから購入する時のチェックポイント


信頼できるブリーダーを見つけよう

特定の品種の子猫をブリーダーから購入する場合に、そのブリーダーが信頼できる業者なのか良く調べる必要があります。まず施設に第一種動物取扱業者の標識があることを確認し、施設に入ったらその雰囲気に注意して下さい。糞尿などのきつい臭いがして床やケージなどが汚れている場合や狭いケージが所狭しと積み上げられていたら、それは猫の福祉よりも収益を重視している繁殖屋と言われる業者である可能性が高いです。その場合は、気付いた時点で退散した方が得策です。良いブリーダーの場合は、衛生管理の意識が高く掃除も行き届いていて臭いもきつくありません。そして清潔で適切な大きさのケージを余裕のある間隔で整然と並べてあるはずです。

飼育担当者の応対もチェックしましょう。こちらの質問に対して丁寧かつ的確に説明が出来て、その品種の性格や特有の遺伝的疾患の説明など気になる情報を明確に教えてくれればOKです。

一番健康な子猫を選ぼう

信頼できるブリーダーを見つけたら、子猫の健康状態をチェックして一番気に入った子を購入しましょう。健康状態は飼育環境を確認した後に実際に抱っこさせて貰って、見たり触ったりしながらチェックします。まず目がキラキラと輝いていて、目ヤニや白目の充血がないことです。極端な涙目は良くありません。鼻は湿っていて鼻水や鼻くそがないこと、耳は音に敏感で中はきれいで耳垢や分泌物がないか確かめます。唇をめくって歯並びや歯茎が健全で口臭がなければ合格です。尻尾は良く動き肛門は閉まっていて周りが汚れていなければOKです。足や肩の骨格も触って、健全か確かめましょう。最後に毛をかき分けて肌にフケや炎症がないことも確認して終了です。

ペットショップとは、犬や猫などの動物を販売しているお店のことです。お店によっては、ウサギやインコ、熱帯魚などを販売しているところもあります。