住まいの雰囲気づくりの必須アイテム?アンティーク家具のお手入れを学ぼう!


アンティーク家具の定義と購入時の注意点

アンティーク家具は一般的には一定の年数が経過した家具の中でもおしゃれな装飾が施されているものを指します。中世から近代の西洋風のデザインに仕上がっている旧式の家具がアンティーク家具のイメージとして定着していますが、場合によっては日本をはじめとするアジア諸国で作られた家具も含まれます。

アンティーク家具は骨董品としての価値もあることから高額で販売されている物もありますが、中には古く見せる加工を施した粗悪な偽物も混ざっていることがあるので注意が必要です。アンティーク家具を購入する際は現物を確認する他、信頼出来る所を選ぶのがトラブルを避ける条件になります。特に購入後のアフターケアは個人輸入やオークションなど、出所が分からない販売経路では期待出来ないので慎重な判断が求められます。

室内の雰囲気作りに役立つ家具のお手入れについて

アンティーク家具はおしゃれな雰囲気を演出する効果があるため、実用品としても装飾品としての用途に重点が置かれます。また、年度の経過によって生じた劣化による変色などの変化も独自の趣を醸し出す要素として肯定的に受け止められています。そのため、アンティーク家具のお手入れは単に汚れを落として綺麗にするのではなく、家具の質感や雰囲気を損なわないことを第一に考えることが大切です。また、損傷した部分の修理についても周りとの調和を考え、補修材の選択には細心の注意を払うことを心がけます。アンティーク家具を専門に扱う業者にメンテナンスを頼むのが無難な対処法ですが、費用が高額になるケースもあるので予算を考慮して判断します。

アンティーク家具は、大量に売られている商品と違って世界に一つだけしかない物です。欲しい物が見つかった場合、すぐに買わないともう出会うことはできません。