アナログの写真をきちんと残したい?デジタル化しよう


自宅でアナログ写真をデジタルデータにする方法

フィルム形式で撮影した写真を現像した場合、そのときから劣化は始まっています。そのため、アルバムなどに収めて、しっかりと保管していたとしても、色あせや紙質の変化などの劣化が進んでしまいます。

もしも、その写真が大切なものならば、プリントアウトした状態ではなく、パソコンにデジタルデータとして保存してしまいましょう。高画質のスキャナを使えば、写真を読み取ってデジタルデータにするのは簡単です。

なお、自宅でアナログ写真をデジタルデータにした場合は、保存しておく媒体にも気をつける必要があります。ハードディスクはいつかは壊れますし、CDやDVDのディスクもいずれは劣化して読み取れなくなるからです。もしも、いつまでも完璧な状態でデジタルデータを残したいのなら、複数のディスクにバックアップを取って、定期的に新しいディスクに移動させるとよいでしょう。

業者に任せてデジタルデータにしてもらう方法

たくさんの写真があったり、高画質のスキャナを持っていなかったりするのなら、手間や費用がかなり発生してしまいます。もしも、それが面倒だと感じるのならば、アナログ写真をデジタルデータにしてくれる業者があるので仕事を依頼しましょう。アルバムに収められたままの写真でも、しっかりとデジタルデータにして返却してくれます。もちろん、ネガフィルムにも対応する業者もあるので、現像していない写真もきちんと保存できます

なお、当たり前ですが、業者にデジタルデータにしてもらったからといって、バックアップが不必要なわけではありません。失って困る写真は、幾つものメディアに複製しておきましょう。

フォトブックは、自分で撮った写真を自由に組み合わせて作ることができるオリジナルのアルバムのことです。